布団の中の備忘録

真夜中に思った事や体験した事を書き連ねる場所 ご連絡はこちらまで:echo0◆hotmail.co.jp  (◆を@に変換してください)

本は心の薬になるのか?

最近季節の変わり目なのか体調を崩す日々が多く、

祖母や祖父が立て続けに入院など色々あって自分もやられています。

精神的も相変わらず不安定なので最近本に救いを求めているのか

買いあさる傾向があるようなので現在部屋に本があふれています。

 

元々そんなに買わないのですが、以前と違う自分自身の傾向に驚いています。

そもそもなぜこんなに本を買うのか?そこを自分なりに分析してところ

何点か気付けたことがあるのでここに残したいと思います。

 

◆何かしらの解決策が欲しいから

問題に対して解決するにあたって色々な方法があると思うのですが

自分はそこに「本」が真っ先に来るんですよね。

 

 

◆不安を解消する相談相手が欲しいから

これは最近気が付いた事なのですが、自分にとって本は

悩みの相談相手になっていることが多々あります。

こんな不安を持っているんだけど、良い情報持ってる?

 

本当は人に話した方が楽になるのでは…と思う反面、個人的な観点ですが

「相談」ってあまりいい事じゃないと思ってしまっているので

人に話しにくい…と感じてしまいます。

(楽しい相談ならまだしも、メンタル的な話や苦しみなどだとなおさら)

 

話した後も「あんなこと相談して迷惑じゃなかったかな…」と悶々と過ごしたりするので、このリスクを考えると本というのはとても気楽に相談できる「話し相手」なんですよね。

自分にとっては。

 

本はしゃべらないじゃないか、と笑うかもしれませんが

「本」はとても饒舌でよき相談相手だと思います。

 

 

普段本を読むときって皆さんどう読みますか?

文章を追う、言葉をなぞる、文字を見る。

書かれたものを見て、そのまま受け取って終わりでしょうか。

書いている文章に対して、自分は思った事を返してしまっている事に最近気が付きました。

彼らは自分にとって優秀で気さくに相談できる相手だったのです。

 

この辺に気が付いた時は特に意識もせず読んでいた時と

読み方が変わったのがちょっと面白かったです。

 

 文章がいまいちまとまらず変でしたらごめんなさい。

 それでは、よい夜を。

精神科と好きなモノの力

お久しぶりです。どうもどうも。

 

あれからまたあれこれあって3月ぐらいに限界が来て人生初の精神科通いを始めました。

色々なイメージが頭をよぎりましたが、

出来たばかりの診療所はとても綺麗で室内も先生もさわやかでした。

基本はカウンセリングという名のお話のみで、初対面の人に自分の事をあれこれ話すのが苦手だったのでうまく伝わったか不安ですが、何となく気持ちが軽くなったような

気がしたので勇気をもって行ってよかったなと思います。

 

後、お薬もまだ軽いもののようで、想像よりかは安くこれなら続けられるかな…

と思いながらちまちま通っています。

段々と顔色が良くなってきていると言われたのはちょっと嬉しかったです。

 

 

でも結局は動けなくなるほど不安になる原因を解決しなければ

意味がない、この先夢も希望もないのでそちらをどうにかできるよう

動いています。

そんな時に薬よりも精神に安定(ハイな時もあったけど)をもたらしてくれたのが

自分の「好きなモノ」でした。

 

音楽、ゲーム、本…等々。

久々に見直したり、新しい出会いがあったり。

待ち望んでいた続編が十数年ぶりに発表されたり。

 

やっぱり好きなものは何か不思議な力をもっているのでしょうか。

その存在を生み出してくれた方々に感謝しかないです。

 

そんな感じで明日も仕事です。

相談できる相手も全くいない敵陣地のような職場ですが

終わりまであと少し、やってみます。

 

それでは、おやすみなさい。

良い夢を。

最近実践した不安との付き合いかた

こんばんは、今日も真夜中にぼんやり思ってた事をつらつらと。

 

 

自分はよく不安にとらわれて動けなくなる、もしくは

焦りばかりでよく失敗を繰り返してしまう人間です。

どうしてもこの辺を直したくて、最近は本を読んだり

ネットの記事で調べたあれこれを実践しております。

 

 

その中で個人的にですが少し役に立ったのでは?と思うものを

何点かピックアップしていきたいと思います。

 

 

◆1「不安の原因をつきとめ、文字に書く」

 頭の中で自問自答していても中々解決までに至らないことが多く

時間ばかりが消費されてしまうので、一旦頭から出す!事で

主観ではなく俯瞰的に見て改めて考える事ができました。

この場合は箇条書きで言いたいことをどんどんと書くのがおすすめです。

(どうせ自分しか見ないものですので)

 

この点で役に立ったのは新しい視点を発見できたことです。

考えてみるとそんなに怖くないな、と思う時もあれば

ああこんな事もあるかもしれない・・・と新たな心配事も増える事も。

 

それでも、知らないまま突然来るよりも準備できると考えれば

まだよかったのかなと思います。

 

 

 

◆2「下準備をする」

不安なのは、今の自分が準備不足な事もあり

「こうなったらどうしよう」、「ああなったら困る」というのを

延々と繰り返し考えるからではないか、と考えた時の対処方です。

 

なので、考え方としては「こうなった時対処するにはどうしたらよいだろう」

 と解決する方法を模索します。

1パターンではなく何パターンか考えて一番自分に合っているもの

を選んだ時の脳内シミュレーションをします。

 

いけそう、と思ったら現実でそれを行うための準備をします。

必要な道具の選定や資料製作、予約などなど…

自分だけで用意できるものに絞るのが良いかと思います。

 

100%解決するとか完璧を求めると終わらないので

ある程度、「仕方ない~」と妥協すると心にも余裕ができますよ)

 

 

◆3「暖かいものを飲む、胸に手を当てて体温を上げる」

 上二つは精神的な面で解決を探るものですが

こちらは「健康体が精神を回復させる」事を主とした方法です。

明確な問題がない、そもそも不安の正体自体よくわからない、でも不安…

な時によく使います。

 

体温を上げて体を落ち着かせると心もついてくる、を信条に

以下の行為をしています。

 

・白湯を飲む

・湯船につかる

 

 体の中を温める!事を念頭に上記を実践しています。

お湯は手軽でいいですね!

 

 

そんなこんなでゆっくりと前に進んでおります。

それでは、夜が明けてしまいましたがおやすみなさい。

 

良い夢を。

 

 

 

気が付いたら日がたっていた

こんばんは、今日も今日とてお仕事でした。

 

このブログを書いていた当初は今まで経験した事無い事ばかりで、色々思うところがあってあれこれ吐き出す場所にしておりましたが、大分落ち着いたので今後は今まで読んだ本やら引き続き真夜中のバカごはん系をまた更新していきたいと思います。

 

真夜中のごはんって、ほんとそそりますよね…

 

それでは、おやすみなさい。

良い夢を。

楽しみにしていた飲みをすっぽかされた話と寝る前のほろ酔い

こんばんは、今日も今日とて布団の中からお届けします。

しかし、いつもと違い少しの怒りと多くの悲しみでないまぜになってます。

 

 

最近仕事で更新できなかったのですが、今日知り合いと飲む約束をしていたのでこのネタを引っ提げて酔いどれ気分で書こうかと思っていたのですが約束をすっぽかされてしまいました。

 

相手は会社の飲み会があるので、その後軽く飲もうと話をつけており

その飲み会の終了時間に合わせて待ち合わせ場所についていました。

 

自分は大体15分前に来て、そこから何度か連絡したのですが30分位連絡も何もなかったので仕方なく帰りました。

2時間後に電話や詫びのメールも来ていましたが、理由も『飲み会が盛り上がってしまって』という適当な感じでしたのでもう正直返信する気がおきません。

楽しかったようで何よりです。

 

 

少し付き合いを考えた方がよさそうだな、と改めて思いました。

悪い人ではないのですが、あの友人にとっては自分は優先度は低いようですのでこちらもそこまで重要視しなくてもいいかな~と感じてます。

次があるかはわかりませんが、軽い気持ちで対処していきましょう。

 

 

今日は仕事もプライベートも色々なんだこりゃ、という感じでしたがこんな日もあるさという心構えで日々過ごしていけるようになりたいですね。

今日友人と飲むようにお酒を用意していましたが、一人で飲んでしまいました。美味しかった。

 

 

前は色々気持ちの上下が激しかったですが、今はちょっと安定していて何とも嬉しいです。

なるべく暖かいものを口にするようにしているからなのか、どうなのか。

お湯を飲むようになったのが効果にでているのかな?

この辺の検証もいつかしてみたいですね。

(自分の身をもって実証していくのが一番納得できる気がします)

 

『暖かいものは自分の味方』、という法則はあながち間違ってないかも…!?

 

 

 

それでは、おやすみなさい。

良い夢を。

焦りを感じているのに動けないこの不思議

今日も今日とてこんばんは。

外は寒いが布団の中はほんわり暖かい青布団です。

冬は嫌いではありませんが、寒くて痛いのは苦手なので安定した暖かさが恋しいですね。

毛布をしまうのはいつぐらいになるのやら…

 

 

最近また考えすぎて焦りがひどいので、自分なりに整理したいと思います。

 

色々やりたい事ややるべき事が目の前に広がっているのに動けない。

「早くやらなきゃ、頑張らなきゃ、時間がもったいない」と焦りばかりが募る。

体は動かないのに頭の中だけどたばたしている。不安なまま眠りについて夢の中まで不安になる。

 

こんな状態だと精神も安定せず、時間ばかりが消費されてしまうので、以下の事を試しました。

 

 1・不安の原因を分析する

不安の元がどこかをゆっくりと構わないので分析しました。

不安の中でもどこが一番心配なのか、嫌なのかを考えることで、次の一手が見えてきます。

『冷静にみる』と言っても嫌なことを思い出すのは辛いと思いますが、感情は一旦置いて項目のみ見ることをおすすめします。

 

 2・『不安  解消』で検索する

このご時世ですから文明の理を全力で使いましょう!

解消方法を見るだけでも不安が和らいだり、不安を感じているのは自分だけではないと少し安心できたので、これも個人的には効果がありました。

 

 

このブログをはじめてからもそうですが、心理系のサイトをよく見るようになりました。

 

心の動きが変わると普段見るサイトも変わるんですね。自分の関心の方向が変わったってことですかね。

 

思想が行動を作り、行動が未来を作るとかどこかで見たことがありますが確かにそうかもなぁと身をもって知った夜でした。

 

 

それでは、おやすみなさい。

良い夢を。