読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

布団の中の備忘録

真夜中に思った事や体験した事を書き連ねる場所 ご連絡はこちらまで:echo0◆hotmail.co.jp  (◆を@に変換してください)

楽しみにしていた飲みをすっぽかされた話と寝る前のほろ酔い

こんばんは、今日も今日とて布団の中からお届けします。

しかし、いつもと違い少しの怒りと多くの悲しみでないまぜになってます。

 

 

最近仕事で更新できなかったのですが、今日知り合いと飲む約束をしていたのでこのネタを引っ提げて酔いどれ気分で書こうかと思っていたのですが約束をすっぽかされてしまいました。

 

相手は会社の飲み会があるので、その後軽く飲もうと話をつけており

その飲み会の終了時間に合わせて待ち合わせ場所についていました。

 

自分は大体15分前に来て、そこから何度か連絡したのですが30分位連絡も何もなかったので仕方なく帰りました。

2時間後に電話や詫びのメールも来ていましたが、理由も『飲み会が盛り上がってしまって』という適当な感じでしたのでもう正直返信する気がおきません。

楽しかったようで何よりです。

 

 

少し付き合いを考えた方がよさそうだな、と改めて思いました。

悪い人ではないのですが、あの友人にとっては自分は優先度は低いようですのでこちらもそこまで重要視しなくてもいいかな~と感じてます。

次があるかはわかりませんが、軽い気持ちで対処していきましょう。

 

 

今日は仕事もプライベートも色々なんだこりゃ、という感じでしたがこんな日もあるさという心構えで日々過ごしていけるようになりたいですね。

今日友人と飲むようにお酒を用意していましたが、一人で飲んでしまいました。美味しかった。

 

 

前は色々気持ちの上下が激しかったですが、今はちょっと安定していて何とも嬉しいです。

なるべく暖かいものを口にするようにしているからなのか、どうなのか。

お湯を飲むようになったのが効果にでているのかな?

この辺の検証もいつかしてみたいですね。

(自分の身をもって実証していくのが一番納得できる気がします)

 

『暖かいものは自分の味方』、という法則はあながち間違ってないかも…!?

 

 

 

それでは、おやすみなさい。

良い夢を。

焦りを感じているのに動けないこの不思議

今日も今日とてこんばんは。

外は寒いが布団の中はほんわり暖かい青布団です。

冬は嫌いではありませんが、寒くて痛いのは苦手なので安定した暖かさが恋しいですね。

毛布をしまうのはいつぐらいになるのやら…

 

 

最近また考えすぎて焦りがひどいので、自分なりに整理したいと思います。

 

色々やりたい事ややるべき事が目の前に広がっているのに動けない。

「早くやらなきゃ、頑張らなきゃ、時間がもったいない」と焦りばかりが募る。

体は動かないのに頭の中だけどたばたしている。不安なまま眠りについて夢の中まで不安になる。

 

こんな状態だと精神も安定せず、時間ばかりが消費されてしまうので、以下の事を試しました。

 

 1・不安の原因を分析する

不安の元がどこかをゆっくりと構わないので分析しました。

不安の中でもどこが一番心配なのか、嫌なのかを考えることで、次の一手が見えてきます。

『冷静にみる』と言っても嫌なことを思い出すのは辛いと思いますが、感情は一旦置いて項目のみ見ることをおすすめします。

 

 2・『不安  解消』で検索する

このご時世ですから文明の理を全力で使いましょう!

解消方法を見るだけでも不安が和らいだり、不安を感じているのは自分だけではないと少し安心できたので、これも個人的には効果がありました。

 

 

このブログをはじめてからもそうですが、心理系のサイトをよく見るようになりました。

 

心の動きが変わると普段見るサイトも変わるんですね。自分の関心の方向が変わったってことですかね。

 

思想が行動を作り、行動が未来を作るとかどこかで見たことがありますが確かにそうかもなぁと身をもって知った夜でした。

 

 

それでは、おやすみなさい。

良い夢を。

真夜中バカご飯 『麺屋彩未×田中商店 濃厚味噌豚骨』

こんばんは、眼鏡も無事直し今日も今日とて真夜中に背徳感を増すものを食べたい青布団です。

 ひもじい!眠い!でもひもじい!

 

 

なので今回も真夜中に食べるものを紹介したいと思います。

今回は最近発売された「麺屋彩未×田中商店 濃厚味噌豚骨」!

真夜中に何てものを!

でも美味しい!きっと美味しい!

 

というわけで早速参りましょう。

 

◆誰でも知っているカップ麺の作り方

パッケージはこちら。

f:id:huton_b:20170313020000j:image

札幌と博多の名店のコラボだそうで。

田中商店さんは何度か行ったことがありますが、彩未さんはないので機会があれば旅行の時などで一度行ってみたいですね!

 

蓋には特製油が。後入れとの事。

f:id:huton_b:20170313020123j:image

 

中身はこんな感じ。

f:id:huton_b:20170313020403j:image

 お肉とネギがメインっぽいですね。

 

ここに熱々のお湯をいれて数分待つと出来上がり!わぁ簡単!!!

先ほどの特製油も忘れずにね!

 

 

興奮のあまり少し食べてしまいましたが今回は撮れた…!

f:id:huton_b:20170313085109j:plain

 半熟卵がスープに溶けて一層旨さが増しました。

 

 

縮め麺に絡んだ濃厚スープで最後まで美味しく食べることが出来ました。

味噌より豚骨の風味が強い気がしましたがバランスがよく飽きることなく楽しめました。

このスープでご飯を頂くのもアリかと思います。次食べるときはご飯も用意しよう!

 

 

ようやくお腹もふくれたのでぐっすり寝れそうです。

おやすみなさい、良い夢を。

眼鏡が壊れました

突然ですが、いつも愛用している眼鏡が壊れました。


f:id:huton_b:20170311215305j:image


お風呂に入った後にかけると何か違和感を感じる…と思い見直すとこんなことに。

ネジも探しましたが見当たらず…困ったなぁ。

 

体の一部と化している眼鏡がやられると途端に何もかもがどうでも良くなってしまったので明日朝一で直しに行ってきます。

いくらかかるのか心配ですが、日常的に使うものでもあるので早く直すに越したことはないですね。

 

 

なので今日は早めの就寝です。

今宵は満月なので窓際でぼんやり月見をしたかったのですが、それはまた明日。

 

おやすみなさい、良い夢を。

真夜中読書灯 『うつヌケ』

こんばんは。

今日は晴れていて澄んだ夜の空ですね。

こんな夜は淡い白熱灯でゆっくりと本を読みたくなります。

 

 

なので、今日から布団に潜り込んで読んでいる本を少しずつ紹介していきたいと思います。

主に電子書籍で読んでいるものの紹介ですが、気になったら是非とも探してみてくださいね。

 

 今宵の本:うつヌケ ~うつトンネルを抜けた人たち~

 

田中圭一さんという漫画家さんが実際の体験談を元に描いた『うつ病脱出』と、色々な方の『うつからの脱出』をインタビュー形式で赤裸々に語ったコミックです。

noteという場所で有料連載をしていたそうですが、私が知った時は最終回で無料で見ることが出来ました。

丁度これを見たのが精神的にやられていた時でもあり、同じ作者さんのコミック「Gのサムライ」を見て興味を持ったので発売を楽しみにしていました。

(こちらはお下劣おバカ漫画ですが、大変面白いので興味がありましたら是非探してみてください)

 

で、感想ですが「本当に、見て良かった」。

うつ状態ではないと思うのですが、精神的につらい時に丁度読んでいたのでこの本のおかげで気持ちが少し落ち着いたり小さな前向きさを与えてくれました。

後、改めてうつを「色々な事や環境によって引き金は無数にあり、誰でもなる可能性がある病気」と感じました。

 

本書にも書かれていますが「描かれている内容は個人の経験に基づいた感触、感想で治療法ではありません」との事で、治ったきっかけも千差万別でなるほどな、と感心した場面も多くありました。

 

 皆さん色々な悩みを抱え、限界に達した時の行動や思考がかなり具体的に描かれていて中には形は違えど「ああ…自分にも覚えがある」と、他人の話なのにまるで自分を見ているような悲しさも感じたりしました。

 

でもこの本を読んで「こういう事に困っているのは自分だけじゃないんだ」と安心を得る事も出来ました。

色々悩みや体験談を見るのはきっと自分と同じ人を見て「一人じゃない」事を認識できる事で不安が和らいだり、新しい突破口を見つけることが出来るかもしれないから最近よく思います。

 

こんな事も出来ないで…周りはもっと頑張ってる…とか比べちゃうからどんどんと不安になり、苦痛になり、やがて精神まで…と色々考えてしまいますが、本当につらいなら逃げても大丈夫、またやり直しができるとだと、立ち向かう事だけではなく逃げる事も生きる上では大切な事なのだと教えてくれました。

治療法ではないけど、うつで困っている人たちに優しく寄り添ってくれる、そんな本だと感じます。

 

私も今思えばあの時はうつだったのかな、とぼんやりと記憶をたどる時もありますが、できるだけ穏やかに生きていきたいと改めて思いました。

それを気づかせてくれたこの本に最大の敬意を。

 

 

余談ですが、かなり前に仕事で作者様とお会いした事がありまして、私はその時はまだ知らなかったのですが、上司がファンで名刺の裏にサインを頂いていたのを覚えています。

その時の上司の嬉しそうな顔を見て「この人の作品は人を喜ばせる力をもっているんだな」とぼんやりと思ったのですが、私が実際に手に取るとは思っていなかったのでなんとも巡りあわせとは面白いものだとしみじみと感じております。

そう考えると今までの人生も悪い事ばかりじゃない気がして少し元気になれますね。

 

つたない感想文でしたがここまで読んでくださってありがとうございました。

 

 

それでは、おやすみなさい。

良い夢を。

真夜中バカごはん 『さっぽろ一番塩らーめん』

こんばんは、お腹が空きましたね…!

真夜中にあぶらっこいご飯を食べるという背徳感を抱え

今日も今日とて作りました。

全くもって不健康まっしぐらで

はたして来年は生きているのだろうか…!

 

 

今日はあまりにも変なテンションだったので

肝心なところがすっぱり抜けております。

先に謝ります。すみません!

 

今日のお供は袋ラーメンです。

余りにも今の状況を嘆いた友人が送ってくれました。箱で。

凄いですね、袋ラーメンの箱入りは初めて見ました。

アマゾンって箱のまま届けてくれるんですね。

 

まあ箱に箱を入れるのも手間がかかりますから

このような商品は当たり前なのかな?

 

 

◆塩ラーメンの作り方

これ正直説明要らないでしょう…!

お湯わかす!ゆでる!スープの素入れる!完成!

ちゃんとした方は色々 トッピングするのでしょうか

悲しいかな冷蔵庫には何もありません!

 

さ、諦めて素ラーメンを作ってまいりましょう。

 

中身は乾麺、スープの素、ゴマの3つでした。

 

 

1・お湯を沸かして

 

 

2・麵を投入

 

 

3・スープの素やごまを投入

 

 

4・食べる

※あまりにお腹が空きすぎて

器に入れてから一気に食べてしまったので完成写真は

何一つ撮ってませんでした。何やってるのか…!

 

 

もっと何かオリジナル要素を入れたかったのですが

冷蔵庫が空でした。本当に何もなかった。

 

でもお腹は膨れたので落ち着きました。

悲しい時も辛い時もごはんは安心をくれますね。

 

暖かいものは精神的にとてもよく効くのを

最近身をもって知ったので、落ち込んでいる時や

上手く動けない時はなるべく暖かいものを口にするようになりました。

 

まだまだ情緒不安定ですが

ゆっくりと小さなことも楽しめるようになればいいな。

 

 

他の方は真夜中に何を食べているのかなとおもい

色々ツイッターやブログなどを見回ったところ

かなりの確率でラーメンが多いのが面白かったです。

 

お菓子もそこそこあったのですが、仕事帰りや

飲みの締めもラーメンが多いので総合的に多くなった

可能性がありますね。

 

自分も昔締めにラーメンをやった事があるのですが

個人的には合わなくてラーメンはラーメンのまま

1食としてきちんと食べたいな、と感じました。

 

お酒の後のラーメンのおいしさがわからないのは

ちょっと寂しいですが、人それぞれという事でひとつ。

 

落ち着いてきたら深夜営業しているお店へ

真夜中に突入していく事も考えていますので

その時はまたどうぞよろしくお願いします。

 

まあ、ラーメン屋しかないのですけれどね!

 

 

それでは、おやすみなさい。

良い夢を。

新しい旅立ち

今のバイトはお別れを決意し、新天地に向けて走り出しました。

早急にお店の方に連絡を取り辞める手続きを進める予定です。

 

仕事はどこも大変なのは承知の上ですが、個人的に何も楽しみが見いだせなかったのが残念でした。

教えてくれた同僚の方々もほぼ愚痴や注意点ばかりで、ここで働いていても辛いだけかも…という空気で、正直関わりあいたくないなとしか思えませんでした。

 売っているものも人間関係もそこまで悪くはない…と思うのですが、居続ける必要性がないかなとも感じました。

 

唯一良かったのは「自分が教える立場になったら誉めると注意するをうまく使い分けて、とにかく仕事の楽しさを一番に伝えよう」と考えるきっかけになったことです。

人によって何を求めて仕事をするか色々あると思いますが、それを見極めてその人が知りたがっている事を伝えるようになれればいいなと思いました。

 

 

明日すっぱり辞めれるかボロクソ言われるかわかりませんが、頑張ります。

 これもまた経験。ありがとうございました。

 

 

それでは、おやすみなさい。

良い夢を。