布団の中の備忘録

真夜中に思った事や体験した事を書き連ねる場所 ご連絡はこちらまで:echo0◆hotmail.co.jp  (◆を@に変換してください)

真夜中バカご飯 『麺屋彩未×田中商店 濃厚味噌豚骨』

こんばんは、眼鏡も無事直し今日も今日とて真夜中に背徳感を増すものを食べたい青布団です。

 ひもじい!眠い!でもひもじい!

 

 

なので今回も真夜中に食べるものを紹介したいと思います。

今回は最近発売された「麺屋彩未×田中商店 濃厚味噌豚骨」!

真夜中に何てものを!

でも美味しい!きっと美味しい!

 

というわけで早速参りましょう。

 

◆誰でも知っているカップ麺の作り方

パッケージはこちら。

f:id:huton_b:20170313020000j:image

札幌と博多の名店のコラボだそうで。

田中商店さんは何度か行ったことがありますが、彩未さんはないので機会があれば旅行の時などで一度行ってみたいですね!

 

蓋には特製油が。後入れとの事。

f:id:huton_b:20170313020123j:image

 

中身はこんな感じ。

f:id:huton_b:20170313020403j:image

 お肉とネギがメインっぽいですね。

 

ここに熱々のお湯をいれて数分待つと出来上がり!わぁ簡単!!!

先ほどの特製油も忘れずにね!

 

 

興奮のあまり少し食べてしまいましたが今回は撮れた…!

f:id:huton_b:20170313085109j:plain

 半熟卵がスープに溶けて一層旨さが増しました。

 

 

縮め麺に絡んだ濃厚スープで最後まで美味しく食べることが出来ました。

味噌より豚骨の風味が強い気がしましたがバランスがよく飽きることなく楽しめました。

このスープでご飯を頂くのもアリかと思います。次食べるときはご飯も用意しよう!

 

 

ようやくお腹もふくれたのでぐっすり寝れそうです。

おやすみなさい、良い夢を。

眼鏡が壊れました

突然ですが、いつも愛用している眼鏡が壊れました。


f:id:huton_b:20170311215305j:image


お風呂に入った後にかけると何か違和感を感じる…と思い見直すとこんなことに。

ネジも探しましたが見当たらず…困ったなぁ。

 

体の一部と化している眼鏡がやられると途端に何もかもがどうでも良くなってしまったので明日朝一で直しに行ってきます。

いくらかかるのか心配ですが、日常的に使うものでもあるので早く直すに越したことはないですね。

 

 

なので今日は早めの就寝です。

今宵は満月なので窓際でぼんやり月見をしたかったのですが、それはまた明日。

 

おやすみなさい、良い夢を。

真夜中読書灯 『うつヌケ』

こんばんは。

今日は晴れていて澄んだ夜の空ですね。

こんな夜は淡い白熱灯でゆっくりと本を読みたくなります。

 

 

なので、今日から布団に潜り込んで読んでいる本を少しずつ紹介していきたいと思います。

主に電子書籍で読んでいるものの紹介ですが、気になったら是非とも探してみてくださいね。

 

 今宵の本:うつヌケ ~うつトンネルを抜けた人たち~

f:id:huton_b:20170301002727j:plain

 

田中圭一さんという漫画家さんが実際の体験談を元に描いた『うつ病脱出』と、色々な方の『うつからの脱出』をインタビュー形式で赤裸々に語ったコミックです。

noteという場所で有料連載をしていたそうですが、私が知った時は最終回で無料で見ることが出来ました。

丁度これを見たのが精神的にやられていた時でもあり、同じ作者さんのコミック「Gのサムライ」を見て興味を持ったので発売を楽しみにしていました。

(こちらはお下劣おバカ漫画ですが、大変面白いので興味がありましたら是非探してみてください)

 

で、感想ですが「本当に、見て良かった」。

うつ状態ではないと思うのですが、精神的につらい時に丁度読んでいたのでこの本のおかげで気持ちが少し落ち着いたり小さな前向きさを与えてくれました。

後、改めてうつを「色々な事や環境によって引き金は無数にあり、誰でもなる可能性がある病気」と感じました。

 

本書にも書かれていますが「描かれている内容は個人の経験に基づいた感触、感想で治療法ではありません」との事で、治ったきっかけも千差万別でなるほどな、と感心した場面も多くありました。

 

 皆さん色々な悩みを抱え、限界に達した時の行動や思考がかなり具体的に描かれていて中には形は違えど「ああ…自分にも覚えがある」と、他人の話なのにまるで自分を見ているような悲しさも感じたりしました。

 

でもこの本を読んで「こういう事に困っているのは自分だけじゃないんだ」と安心を得る事も出来ました。

色々悩みや体験談を見るのはきっと自分と同じ人を見て「一人じゃない」事を認識できる事で不安が和らいだり、新しい突破口を見つけることが出来るかもしれないから最近よく思います。

 

こんな事も出来ないで…周りはもっと頑張ってる…とか比べちゃうからどんどんと不安になり、苦痛になり、やがて精神まで…と色々考えてしまいますが、本当につらいなら逃げても大丈夫、またやり直しができるとだと、立ち向かう事だけではなく逃げる事も生きる上では大切な事なのだと教えてくれました。

治療法ではないけど、うつで困っている人たちに優しく寄り添ってくれる、そんな本だと感じます。

 

私も今思えばあの時はうつだったのかな、とぼんやりと記憶をたどる時もありますが、できるだけ穏やかに生きていきたいと改めて思いました。

それを気づかせてくれたこの本に最大の敬意を。

 

 

 

余談ですが、かなり前に仕事で作者様とお会いした事がありまして、私はその時はまだ知らなかったのですが、上司がファンで名刺の裏にサインを頂いていたのを覚えています。

その時の上司の嬉しそうな顔を見て「この人の作品は人を喜ばせる力をもっているんだな」とぼんやりと思ったのですが、私が実際に手に取るとは思っていなかったのでなんとも巡りあわせとは面白いものだとしみじみと感じております。

そう考えると今までの人生も悪い事ばかりじゃない気がして少し元気になれますね。

 

つたない感想文でしたがここまで読んでくださってありがとうございました。

 

 

それでは、おやすみなさい。

良い夢を。

真夜中バカごはん 『さっぽろ一番塩らーめん』

こんばんは、お腹が空きましたね…!

真夜中にあぶらっこいご飯を食べるという背徳感を抱え

今日も今日とて作りました。

全くもって不健康まっしぐらで

はたして来年は生きているのだろうか…!

 

 

今日はあまりにも変なテンションだったので

肝心なところがすっぱり抜けております。

先に謝ります。すみません!

 

今日のお供は袋ラーメンです。

余りにも今の状況を嘆いた友人が送ってくれました。箱で。

凄いですね、袋ラーメンの箱入りは初めて見ました。

アマゾンって箱のまま届けてくれるんですね。

 

まあ箱に箱を入れるのも手間がかかりますから

このような商品は当たり前なのかな?

 

 

◆塩ラーメンの作り方

これ正直説明要らないでしょう…!

お湯わかす!ゆでる!スープの素入れる!完成!

ちゃんとした方は色々 トッピングするのでしょうか

悲しいかな冷蔵庫には何もありません!

 

さ、諦めて素ラーメンを作ってまいりましょう。

 

中身は乾麺、スープの素、ゴマの3つでした。

f:id:huton_b:20170227035000j:plain

 

1・お湯を沸かして

f:id:huton_b:20170227035004j:plain

 

2・麵を投入

f:id:huton_b:20170227035007j:plain

 

3・スープの素やごまを投入

f:id:huton_b:20170227035009j:plain

 

4・食べる

※あまりにお腹が空きすぎて

器に入れてから一気に食べてしまったので完成写真は

何一つ撮ってませんでした。何やってるのか…!

 

 

もっと何かオリジナル要素を入れたかったのですが

冷蔵庫が空でした。本当に何もなかった。

 

でもお腹は膨れたので落ち着きました。

悲しい時も辛い時もごはんは安心をくれますね。

 

暖かいものは精神的にとてもよく効くのを

最近身をもって知ったので、落ち込んでいる時や

上手く動けない時はなるべく暖かいものを口にするようになりました。

 

まだまだ情緒不安定ですが

ゆっくりと小さなことも楽しめるようになればいいな。

 

 

他の方は真夜中に何を食べているのかなとおもい

色々ツイッターやブログなどを見回ったところ

かなりの確率でラーメンが多いのが面白かったです。

 

お菓子もそこそこあったのですが、仕事帰りや

飲みの締めもラーメンが多いので総合的に多くなった

可能性がありますね。

 

自分も昔締めにラーメンをやった事があるのですが

個人的には合わなくてラーメンはラーメンのまま

1食としてきちんと食べたいな、と感じました。

 

お酒の後のラーメンのおいしさがわからないのは

ちょっと寂しいですが、人それぞれという事でひとつ。

 

落ち着いてきたら深夜営業しているお店へ

真夜中に突入していく事も考えていますので

その時はまたどうぞよろしくお願いします。

 

まあ、ラーメン屋しかないのですけれどね!

 

 

それでは、おやすみなさい。

良い夢を。

新しい旅立ち

今のバイトはお別れを決意し、新天地に向けて走り出しました。

早急にお店の方に連絡を取り辞める手続きを進める予定です。

 

仕事はどこも大変なのは承知の上ですが、個人的に何も楽しみが見いだせなかったのが残念でした。

教えてくれた同僚の方々もほぼ愚痴や注意点ばかりで、ここで働いていても辛いだけかも…という空気で、正直関わりあいたくないなとしか思えませんでした。

 売っているものも人間関係もそこまで悪くはない…と思うのですが、居続ける必要性がないかなとも感じました。

 

唯一良かったのは「自分が教える立場になったら誉めると注意するをうまく使い分けて、とにかく仕事の楽しさを一番に伝えよう」と考えるきっかけになったことです。

人によって何を求めて仕事をするか色々あると思いますが、それを見極めてその人が知りたがっている事を伝えるようになれればいいなと思いました。

 

 

明日すっぱり辞めれるかボロクソ言われるかわかりませんが、頑張ります。

 これもまた経験。ありがとうございました。

 

 

それでは、おやすみなさい。

良い夢を。

不安障害について思う事 自分の不安との向き合い方

ふと、ネット上のニュースの一覧に『不安障害』なる言葉を見つけました。

最近はいつも不安に苛まれている自分もこれに当てはまるのかと思い、調べてみることに。

 

『不安障害』とは

不安障害(ふあんしょうがい、英:Anxiety disorder)とは、過剰な反すう英語版心配恐怖の特徴を有するいくつかの異なる種類の一般的な精神障害を含んだ総称である。(wiki引用)

簡単に言うと「過度な不安によって引き起こされ、生活に様々な支障をきたすようになること」だそうで、不安を感じすぎてしまうと何気ない行動ひとつでも時間がかかったり、身動きがとれなくなることかなと考えています。

 

 

これまでで自分が起こしてしまった不安障害(?)は

・昔使っていたガスコンロの付きが悪く、爆発してしまうのではないかと思ってしまい中々火をつけられない(今では電気コンロを使用)

・ドライヤーで髪を乾かしている時に、燃えないか心配で何回かに分けて髪を乾かす。

・夜の外の声や物音で「何か事件が起きたのではないか」と勝手に妄想が膨らみ心配になる。

 

こう書き連ねると、はたから見たら何とも情けないものばかりですね。

 

それでもその時は必死なので、どうにかしたいと頭を悩ませていました。

 そんな時に見たのがこの言葉でした。

 

・不安を『人間が本来持っている向上心の裏返しと考えて、一つの感情として認識する』

 

そもそも不安とは危険を先に察知して、よくなる方へ自分を誘導していく、または死なない為に危険を回避していく為のものであるので、自分が気が付かないうちに安全な道を歩いている可能性があります。

 

この不安が無ければ今よりもっと酷い事になっていた可能性もあるという事です。

だから存在自体が悪いわけではない、と認識にするのが大切ですね。

問題は他の感情を消し去ってしまうほど多すぎるという事です。

 

不安から逃れようとすればするほど不安を呼ぶ悪い循環に陥ってしまうので

多くなってきたら一旦止めて、何か好きなものに集中するとか

逆に『好きなだけ不安を増やせ!俺は無抵抗だー!』

心の中で盛大に宣言する事が良いかと思います。

(自分は無抵抗宣言すると、大抵減っていって落ち着くので

 押さえつけるよりも効果がありました、単純!)

 

不安ばかりだと前に書いた通り、動けずに時間ばかりが消費されてしまうので

不安をはねのけるのではなく、緩やかに付き合っていきたいと思います。

 

 

 

それでは、おやすみなさい。

よい夢を。

真夜中の布団の中から度胸を求める

こんばんは、最近あまりにも寒くてこたつ寝が激しさを増す一方の青布団です。

 

現在使用しているこたつですが、なんと内部にセンサーがついており一定時間動かないと居ないものと判断され暖房が切れるという安全で(ある意味寒くて危険な)省エネこたつだった事が判明しました。

なぜ買う時に気が付かなかったのか…!

 

それに相まって以前ご紹介したクッションの敷き方を改良し腰も痛まず快適に寝れるようになってしまったので最近こたつから出れません。

色々な尊厳が消えゆく中、私はどこへ行くというのか…

 

 

それはさておき、この前遊びに来てくれた人に「君にはもう少し度胸が欲しいよね」と言われ「確かになぁ…」と考えてしまいました。

 

その時も(大変くだらないのですが)アカペラで歌うのをやるやらないの話になり「人前で歌うのは恥ずかしい…」と言うと「外じゃないし私しかいないんだからいいじゃない!」とやんややんやの攻防戦を繰り広げました。

今思うとさっさと歌ってしまえばよかったのですが、慣れていないものはやっぱり恥ずかしいです。

恐らく部屋で一人でも歌ったりするのはちょっと恥ずかしいかも。

 

で、この手の唐突な無茶ぶりに慌てず対処できるようになるにはどうしたらいいのかなとぼんやり考えて色々と調べた結果、「自分にとっての成功体験をつくる(自信をつける)」が個人的に一番しっくりきました。

 

最初はできる範囲でいいので何か一つ、成功させて「自分はこれができるんだ!」と自信を持たせ、じゃあ今度はこれを、次はこれを、と小さな成功を増やしていきます。

 

いきなり大きな枠組みで見るのではなく枠組みを細分化し、具体的に何をやるのかわかりやすく、簡単なものから着手するのがポイント。

 

例えば…

大枠「ブログを更新するぞ!」

小枠「今日は日記を書く(ジャンル決め)」

小枠「今日起こった事を箇条書きで書く」

小枠「起こった事一つに対して細かに説明していく」

小枠「ここは読んでほしい!心の叫びだ!とおもう箇所の文字を太くする」

小枠「上の内容にあった絵や写真を1枚入れる」

小枠「大体500~1000文字ぐらいのボリュームを目指す」

 

上記の小枠をリスト化し、出来た順に消していく、もしくは丸をつけて視覚的に「これだけできたんだ!」と自分に見せてあげる事が大切だと思います。

それを続けていくと、小さなものが集まって大きな自信へとかわっていくのではないかと思います。

 

少しづつでも「私はできるんだ!」と思えるようになったら度胸がついてきた証拠!

ゆっくりでも良いので続けて度胸の強度を高めていきましょう。

 

 

というわけで私も度胸の強度をあげる為訓練しています。

しなやかな心を手に入れるその日まで。

 

 

今日はこの辺で。

おやすみなさい、よい夢を。