読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

布団の中の備忘録

真夜中に思った事や体験した事を書き連ねる場所 ご連絡はこちらまで:echo0◆hotmail.co.jp  (◆を@に変換してください)

真冬の日にこたつは布団になりえるか

最近寒くて寒くて布団まで行くのにも気力が必要になっている

青布団ですこんばんは。寒い!主に鼻が!手も痛い!

 

 

あまりの寒さにこたつから出られずに寝ることもありますが

大抵上半身が寒くなったり腰を痛くしたりで次の日後悔します。

 

今使用している家のこたつはフラットヒーター型で

中でごろごろ横になっても体がぶつからないのと

中間ぐらいの温度なのでヒーター部分に触っても

あまり熱くないのが素晴らしいです。

 

全体がじんわり暖かいのと、ふかふかのクッションやら毛布やら

周りを固めていて余計動けない状況を作っているので

めったなことがない限り脱出しようと思いません。

 完全に包囲網です。

 

で、そもそもこたつは布団の代わりに運用できるのか

実践しつつ個人的に考えました。

 

 

1・クッションを並べてその上で寝る

簡易的ですぐにできるのでこれが楽で何度か試しましたが

大抵起きた時に腰が痛くなります。

腰回りに低反発枕を置いたりやらわかめのクッションを

腰からお尻辺りにまとめたり色々工夫しましたが駄目でした。

痛い、腰も足も痛い。でも暖かい。でも痛い。

 

 

2・中に布団を敷いて寝る

人として色々と駄目な気がしますがこちらだと腰が痛くなりません。

作業が終わるとすぐに横になれるし朝も暖かいまま起きることが出来るので温度に関しては快適です。

ですが作業場と寝床が合体するとその場から動かくなってしまい

運動不足に拍車をかけ精神的にもよくなかったです。

 

老人がこたつ内に布団を敷いて火事になるニュースもよく聞くので

個人的には寝てるうちに火事になったら怖いなという思いもありました。

(体が通常よりもヒーターの近くになるのでその影響もあるかも)

 

 

結論

 

寝るのは布団で。

さんざん試しておいてこれですかー!

 

実際に快適に寝れるかあれこれ実践した時、寝る時の暖かさよりも

起きた時の痛さや火事などの不安が勝ってしまったので

暖かさは二の次になりました。

 

夢を見たのですが、おもいっきりこたつが燃えてて

えらいこっちゃえらいこっちゃ!と慌てふためく

ちょっとコントのような夢だったので笑えたのですが

夢見は最悪でした。よくないね。

 

布団の寒さが原因でこのようなことになったので

今度は布団を温める方法を模索したいと思います。

 

乾燥機とか湯たんぽとか探してみよう…

湯たんぽがちょうどいいかも…

 

何かおすすめの暖房器具がありましたら是非教えてください。

試してみますので!

 

 

ではでは、おやすみなさい。

良い夢を。