布団の中の備忘録

真夜中に思った事や体験した事を書き連ねる場所 ご連絡はこちらまで:echo0◆hotmail.co.jp  (◆を@に変換してください)

行き場がなくなるこの感じ

仕事の対応に追われ、色々聞いたり確認したりするもたまに返事を頂けなかったり無視されたりするので、家族にそれを言うと「お前の言い方が悪かったんじゃね?」と返される。

 

仕事も家も理解者が居ないんだなーと感じてふと会社の事も思い出され

ああ、何処にも行けないな、と思い涙が出てきた。

その後たまに遊びに来てくれる人の前ですら泣いてしまって本当に情けない。

 

 

 

一通り泣いて落ち着いて客観的に整理できた。

恐らく自分は他人に期待しすぎている節があるので、期待していた以外の冷たい態度だとそれに輪をかけて変に受け取ってしまうのだと思った。

その場ではパニックになったり時間が無くてぱっと見のものしか受け取れないかもしれないので、とりあえずその場を乗り切る事を優先してあまり後に残さないようにしよう。

 

何か失敗した時に『失敗した物事』ではなく、自分が失敗してしまった時に居た『周りの人』を見るから精神的にめんどくさい事になるので

人ではなく失敗してしまった事への『改善点』を視点に収めて自分なりに考えた方が精神も消費せず次はうまくいくさ、と少し元気になれます。

 

後は帰ってとにかく好きなものを見る!聴く!

 

で、ある程度落ち着いて回復してから改善点を考えればいいのです。

急がなくても大丈夫。

 

 

 

そんな感じで行き場がないと思いつつも

歩いていくしかない日々を送っております。

 

それでは、おやすみなさい。

よい夢を。