読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

布団の中の備忘録

真夜中に思った事や体験した事を書き連ねる場所 ご連絡はこちらまで:echo0◆hotmail.co.jp  (◆を@に変換してください)

真夜中の布団の中から度胸を求める

眠れない夜に 考え事

こんばんは、最近あまりにも寒くてこたつ寝が激しさを増す一方の青布団です。

 

現在使用しているこたつですが、なんと内部にセンサーがついており一定時間動かないと居ないものと判断され暖房が切れるという安全で(ある意味寒くて危険な)省エネこたつだった事が判明しました。

なぜ買う時に気が付かなかったのか…!

 

それに相まって以前ご紹介したクッションの敷き方を改良し腰も痛まず快適に寝れるようになってしまったので最近こたつから出れません。

色々な尊厳が消えゆく中、私はどこへ行くというのか…

 

 

それはさておき、この前遊びに来てくれた人に「君にはもう少し度胸が欲しいよね」と言われ「確かになぁ…」と考えてしまいました。

 

その時も(大変くだらないのですが)アカペラで歌うのをやるやらないの話になり「人前で歌うのは恥ずかしい…」と言うと「外じゃないし私しかいないんだからいいじゃない!」とやんややんやの攻防戦を繰り広げました。

今思うとさっさと歌ってしまえばよかったのですが、慣れていないものはやっぱり恥ずかしいです。

恐らく部屋で一人でも歌ったりするのはちょっと恥ずかしいかも。

 

で、この手の唐突な無茶ぶりに慌てず対処できるようになるにはどうしたらいいのかなとぼんやり考えて色々と調べた結果、「自分にとっての成功体験をつくる(自信をつける)」が個人的に一番しっくりきました。

 

最初はできる範囲でいいので何か一つ、成功させて「自分はこれができるんだ!」と自信を持たせ、じゃあ今度はこれを、次はこれを、と小さな成功を増やしていきます。

 

いきなり大きな枠組みで見るのではなく枠組みを細分化し、具体的に何をやるのかわかりやすく、簡単なものから着手するのがポイント。

 

例えば…

大枠「ブログを更新するぞ!」

小枠「今日は日記を書く(ジャンル決め)」

小枠「今日起こった事を箇条書きで書く」

小枠「起こった事一つに対して細かに説明していく」

小枠「ここは読んでほしい!心の叫びだ!とおもう箇所の文字を太くする」

小枠「上の内容にあった絵や写真を1枚入れる」

小枠「大体700~1000文字ぐらいのボリュームを目指す」

 

上記の小枠をリスト化し、出来た順に消していく、もしくは丸をつけて視覚的に「これだけできたんだ!」と自分に見せてあげる事が大切だと思います。

それを続けていくと、小さなものが集まって大きな自信へとかわっていくのではないかと思います。

 

少しづつでも「私はできるんだ!」と思えるようになったら度胸がついてきた証拠!

ゆっくりでも良いので続けて度胸の強度を高めていきましょう。

 

 

というわけで私も度胸の強度をあげる為訓練しています。

しなやかな心を手に入れるその日まで。

 

 

今日はこの辺で。

おやすみなさい、よい夢を。